近年、雇用問題においては若年者の早期離職やフリーターの増加など若者に対するものばかりが取り上げられ、中高年のリストラや再就職、再就職支援等に対する関心は薄れている風潮があります。そのため、公的な制度もどちらかというと若年者向けのものが多いのが現状ではないでしょうか。

  しかし、辞めてもすぐに次の仕事が見つかる若者に比べ、30代・40代・50代・60代と歳を重ねるにつれて仕事が見つからなくなり、また家庭での出費が増えてくる中高年にとって、失業するということの意味は若年者のそれとは比較にならないほど大きいものです。

  一人でも多くの方が新しい仕事を見つけ、第二の人生のスタートを切れることを祈るばかりです。




¶ あなたは今どの段階ですか?

このページをご覧になっている貴方、長年働いてきた会社を辞め、もしくは辞めさせられ、今どの段階ですか?

A.とりあえず当分はゆっくりと身体を休めたいので、のんびりしている。
B.そろそろ働こうかと思っているが、求人広告をチェックする程度。
C.毎日ハローワークなどに通って求人検索をしている。
D.毎日数十社と面接を受けている。



¶ Aの方

ほんの少し休むつもりが、いつの間にか数ヶ月という様になってはいませんか?このままだといつまでたっても状況は変わりませんよ?変わらないどころか、どんどん就職ということに対して億劫になってしまい、下手をすると「うつ病」のような状況にもなりかねません。いきなりDの方のようにはできないかもしれませんが、少しずつ動き始めましょう。



¶ Bの方

求人広告をチェックすることは大切です。しかし、それだけで終わってはいませんか?自宅にいてダラダラと求人広告を眺めているばかりでなく、ハローワークなどへ行って自宅とは違った雰囲気の中で仕事探しをすると、考え方も変わってきますし、もっとたくさんの求人情報を目にすることができます。



¶ Cの方

その調子でどんどん活動していきましょう。ですが一つだけ注意点があります。求人検索をする際、選択の幅を狭めてはいませんか?年齢が高くなるにつれて多くなるのが、自分の働いてきた業界に固執しようとする方です。自分自身を見つめなおし、自分のできることを確認し、広い視野を持って就職活動の臨みましょう。



¶ Dの方

「どれだけがんばって活動しても一向に結果が出ない・・・」そう思っている人は少なくありません。なにせ1件の求人に対して数百人、多いときは数千人もの人が殺到するわけですから。では、採用される人と不採用になってしまう人のどこに違いがあるのでしょうか?それは一概にどうだとは言えませんが、まずは徹底的に今までの自分のキャリアを洗い出し、自分の可能性を高めていくことから始めてみてはいかがでしょうか?



¶ 雇用に関する公的機関・ハローワークへのリンク

* 雇用に関する公的機関 *
厚生労働省
しごと情報ネット
高齢者の雇用をすすめるために

ハローワークインターネットサービス

* 全国のハローワーク・労働局へのリンク *
北海道・東北 [ 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 ]
信越・北陸 [ 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野 ]
東海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九州・沖縄 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 ]





プライバシーポリシー
Copyright (C) 2005  sagamix All Rights Reserved.

サイトマップ